完済後の過払い金請求はメリットが最大限でデメリットは最小限

払い過ぎた利息を取り戻すことができる過払い金請求ですが、借金を完済していて(払い終わっていて)これから過払い金請求をする方にとっては、メリットやデメリットが気になるところです。実際にでも、「完済した借金を過払い金請求した後のメリットやデメリットはなに?」「完済した借金を過払い金請求したらブラックリストにのる?」などのご相談を多くいただいています。

過払い金請求のメリットやデメリットは借金を完済しているか、返済中かで変わってきます。たとえば、借金を完済しているのであれば、ブラックリストにのりませんが、借金を返済中の場合ブラックリストにのってしまうケースもあります。過払い金請求を完済後にする場合は、返済中にするよりデメリットが少ないです。ただし、借金を完済している場合は、最後にお金を返した日から10年で時効が成立してしまうので、1日でも早く過払い金請求してください。現在、借金を返済中の方は、過払い金請求を返済中にするメリットと注意すべきデメリットをご覧ください。

過払い金請求を完済後にするメリット

・払い過ぎた利息が手元に返ってくる

借金を完済している場合の過払い金請求の最大のメリットは、払い過ぎていた利息(過払い金)が返還されることです。過払い金はグレーゾーン金利で取引をしていた場合に発生します。グレーゾーン金利は、利息制限法の上限金利(15~20%)と、出資法の上限金利(29.2%)の差分です。つまり、15~20%以上の金利で借金をしていた方は過払い金請求ができます。また、グレーゾーン金利での取引が長ければ長いほど、過払い金は多額になります。

・完済後ならブラックリストにのりません

過払い金請求をするとブラックリストにのってしまうと思っている方も多くいますが、過払い金請求でブラックリストにのるケースは、借金を返済中に過払い金請求をして、戻ってきた過払い金で借金残高を0にできなかった場合のみです。借金を完済しているのであれば、ブラックリストにのることはありませんのでご安心ください。

過払い金請求を完済後にするデメリット

・請求先の貸金業者から新たな借入やクレジットカードの作成ができない

完済してから過払い金請求をした場合は、ブラックリストにのることはないですが、貸金業者が過払い金請求をした人を社内で管理しているので、請求先の貸金業者から新たな借入やクレジットカードの使用・作成はできなくなります。請求先と同じグループ会社が発行しているクレジットカードも使用・作成ができなくなります。また、請求先が合併した場合は、新しい貸金業者のクレジットカードも利用・作成ができなくなりますのでご注意ください。ただし、請求先以外のクレジットカードの使用や作成はできますのでご安心ください。

クレジットカードの使用ができなくなるので、ショッピング枠やETCカードも同時に使えなくなります。また、毎月の光熱費や携帯電話などの料金をクレジットカードで引き落とししている場合は、過払い金請求後から引き落としされなくなるので、請求前に別の会社のクレジットカードに変更する必要があります。

・完済後から10年経過していたら取り戻せません

過払い金請求には、最後にお金を返した日から10年の時効があります。時効が成立すると、いくら過払い金が発生していたとしても取り戻すことができなくなります。借金を完済している方は、自分の借金を払い終わった日がいつだったかを調べ、時効が成立する前に過払い金請求してください。

同じ貸金業者で借りたり返したりを繰りしている方は時効の起算日(時効の計算をし始める第一日目)が変わる可能性があるので注意が必要です。同じ貸金業者との複数の取引が、すべて別々の取引と考えるか、ひとつの取引(一連の取引)として考えるかが戻ってくる過払い金の金額が変わります。

別々の取引(分断された取引)とした場合、時効の起算日はそれぞれの取引で借金を返し終わった日から10年なので、10年以上前の取引については時効が成立し過払い金請求ができません。しかし、ひとつの取引とした場合は、複数の取引で最後にお金を返し終わった日が時効の起算日になるので、10年以上前に発生した過払い金も取り戻すことができます。ただし、一連の取引か分断された取引かは法律上、明確に決まっておらず個人の方が判断することは難しいので専門家にご相談してください。

過払い金請求はにお任せください

過払い金請求には時効がありますので借金を完済している場合は、1日でも早く過払い金請求をしてください。借金を完済しているのであれば、ブラックリストにのることもありませんし、デメリットは請求先の貸金業者で新たな借入や、クレジットカードの使用・作成ができなくなるだけです。請求先以外の貸金業者からは、新たな借入やクレジットカードの使用・作成はできますのでご安心ください。

また、過払い金請求は個人でもできますが、弁護士に依頼することもできます。弁護士に依頼した場合、過払い金の返還額をだすための引き直し計算や、貸金業者との交渉や裁判など、すべての手続きをおこなってもらえます。その他にも、家族に内緒で手続きができるメリットがあります。弁護士法人きわみ事務所では、過払い金請求についての相談料・着手金を無料で対応していますので、お気軽にご相談ください。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加