借りた貸金業者を忘れた場合でも過払い金請求はできる

過払い金請求は、お金を借りていた貸金業者に対して払い過ぎた利息を請求するものです。借りた貸金業者を忘れてしまった…と諦めていませんか?

に相談される方の中にも「どこから借りていたか忘れた」「貸金業者を覚えてない」「借金をしていた貸金業者が何社かわからない」といった悩みはおおくあります。正確にどの貸金業者で借金をしていたかを把握している方はほとんどいません。借りた貸金業者や具体的な取引の内容を忘れた場合でも過払い金請求はできますので問題ありません。

借りた貸金業者がわからない場合は信用情報期間へ問い合わせる

どこの貸金業者から借金をしていたのかわからない場合でも、信用情報機関を利用することで貸金業者を特定し、過払い金請求をおこなうことができます。借金がしていた貸金業者をわかっていれば、信用情報機関を利用する手間が省け、よりスピーディに情報を手に入れることができますが、分からないからといって諦める必要はありません。

信用情報機関とは?

信用情報機関というのは、貸金業者とは別の第三者機関で「日本信用情報機構(JICC)」「シーアイシー(CIC)」「全国銀行個人信用情報センター(JBA)」の3つがあります。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は必ずどこか1つ以上の信用情報機関に加盟しており、借り入れの履歴や返済状況などは、この信用情報機関に保管されています。

ウェブや郵送、窓口への直接訪問などによって、情報開示を受けることができます。情報開示がなされれば、どこからいついくら借りていたかという情報が手に入るので、貸金業者に取引履歴を送ってもらうことができます。

信用情報機関に情報開示をする方法は?

情報開示は、原則として本人の意思に基づいてのみおこなわれます。情報開示請求がおこなえるのは、本人か本人が委任した代理人、法定代理人、本人が死亡した場合の配偶者か二親等以内の血族か連帯保証人のいずれかに該当する人です。

開示手続の方法には、ウェブ、郵送、窓口の3種があり、ウェブであれば即時に情報を得ることができます。手数料は、ウェブと郵送が1,000円、窓口が500円です。ウェブの場合、手数料はクレジットカード払いで、電話番号により本人確認がおこなわれます。

借りた貸金業者を忘れた場合はあきらめずに相談してください

借金をしていた貸金業者がわからない場合や、契約書や取引明細書をなくした場合でも、信用情報機関を利用すればどこの貸金業者からいくら借りていたかはわかるので、過払い金請求はできます。ただし、自分で過払い金請求をする場合は、信用情報機関に問い合わせをおこなったり、貸金業者から取引履歴を取り寄せて過払い金の金額をだすための引き直し計算をし、返還額を貸金業者との話し合いをしたりと、すべての手続きを自分でおこなわなければならないので多大な時間と手間がかかってしまいます。

弁護士法人きわみ事務所にご依頼いただければ、「貸金業者から取引履歴の取り寄せ」「過払い金の引き直し計算」「過払い金の返還額を決めるための貸金業者との話し合い」など、面倒な貸金業者とのやり取りをすべて代行いたします。手間と時間をかけずに過払い金請求をしたい方はお気軽にご相談ください。相談料や着手金は無料ですのでご安心ください。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加