家族がした借金の過払い金請求を本人以外が代理でする方法

家族が借金をしていた、もしくは借金をしている場合、もしかしたら過払い金があるかもしれません。過払い金が発生していればお金が戻ってきますし、返済中であれば借金を減らすことができます。過払い金が借金残高よりも多ければもうお金を返す必要もなくなり、さらに手元にお金が戻ってきます。

借金をしていた本人以外でも、代理で過払い金請求ができる場合があります。ご家族・親戚など身内の過払い金請求を、本人以外が代理でおこなえるケースと注意点をご説明しますので参考にしてください。

本人が過払い金請求をするのが原則

借金をしている(していた)本人が過払い金請求をするのが原則です。司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのも、原則として本人でないといけません。ただし、理由があって本人が過払い金請求できない場合は例外的に家族が代理となって過払い金請求をすることができます。

病気やけがなどで本人が動けない場合は代理でできる

この場合は家族が代理で過払い金請求をおこなうことができます。ただし、本人が過払い金請求をする意志があるか確認する必要があるので、委任状が必要です。

本人に過払い金請求する意志がない場合はどうしたらいい?

借金をしている(していた)本人が過払い金請求をする意志がない場合は、本人を説得するしかありません。貸金業者に払い過ぎた利息を取り戻す過払い金請求は、法律で認められた当然の権利です。

それでも面倒くさいという理由で過払い金請求をしないという方もいますが、司法書士や弁護士などの専門家に依頼すればたった一度の面談だけで済むので手続きに手間がかかることはありません。貸金業者との契約書や取引明細などの資料が手元になくても問題ありません。借りていた貸金業者の名前さえ覚えていれば大丈夫です。貸金業者の名前すら覚えていないという場合でも、信用情報機関に問い合わせることで借りていた貸金業者の名前を調べることができます。

現在返済中の方でも、借金を減らすことができますし、過払い金のほうが多ければ借金をすべて払い終わることができるかもしれません。過払い金請求はメリットのほうが大きいのです。しかし、どうしても説得がむずかしい場合など、家族の過払い金請求でお困りの際は専門家に相談してみるのもひとつです。

本人が他界している場合、相続人が過払い金請求できる

亡くなった家族が借金をしていた場合にも、もしかしたら過払い金があるかもしれません。借金をしていた本人が亡くなっている場合は、亡くなった方の遺産を相続した方が過払い金請求をすることができます。故人の借金でも、過払い金が発生していれば、取り戻せる可能性があります。亡くなった家族の過払い金請求について、注意点も交えて基本的な知識をまとめてお伝えします。

亡くなった家族が借金をしていたが、すべて払い終わっている場合

亡くなった家族が借金をすでに払い終わっている場合、過払い金が発生していれば過払い金請求によりお金を取り戻せる可能性があります。もしご自身が相続人なら、故人の代わりに過払い金請求の手続きをすることができます。契約書や取引明細などの書類が残っていなくても、会社名がわかっていれば過払い金の調査は可能です。心当たりのある方は、専門家に相談することをおすすめします。

亡くなった家族に返済途中の借金がある場合

家族が借金返済中に亡くなってしまった場合には、必ず過払い金請求ができるとは限りません。まずは過払い金の調査をし、残っている借金の額よりも過払い金の額が多ければ、過払い金請求が可能です。調査の結果、過払い金よりも残りの借金額の方が多いようであれば、相続人が借金を相続してしまうことになります。この場合には、相続放棄を検討したほうがいいでしょう。

相続放棄とは

相続放棄とは、亡くなった人の相続人が、故人の財産も負債(借金)も一切引き継がないという意思表示をすることです。通常は借金もマイナスの財産となるので、相続人に相続されることになります。相続人が複数いる場合には、自分だけが相続放棄することもできます。相続放棄をすれば、最初から相続人ではなかった扱いになります。

ただし注意しなければならないのは、相続放棄は借金だけではなくプラスの財産も放棄しなければならないので、相対的にみて判断しなければなりません。

相続放棄は相続開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てて手続きしなければなりません。3ヶ月の期間が経過してしまうと相続放棄はできなくなってしまいます。相続放棄ができる期間の延長は可能ですが、その場合にも必ず相続開始から3ヶ月以内に延長手続きをしなければなりません。

ちなみに、相続放棄ができる期間内に相続財産の全部または一部を処分する行為をした場合には相続を承認したものとみなされ、相続放棄ができなくなってしまいます。

亡くなった家族の代理で過払い金請求をする手順

過払い金請求を亡くなった家族に代わっておこなう場合には、以下のような手順になります。

1.過払い金の調査

まずは亡くなった方の借金がどうなっているのかを把握し、過払い金の有無を確認しなければなりません。貸金業者から故人の取引履歴を取り寄せた上で過払い金の計算をし、過払い金がある場合には具体的な金額を出します。

2.遺産分割協議をおこない、過払い金の分け方を決める

調査の結果、過払い金が発生していても、相続人が複数いる場合は自分が相続した持ち分しか請求することができません。過払い金をどのように分け、どのように請求するかを決める必要があります。

相続人が複数いる場合には、過払い金やその他の財産、借金について、どのように分けるかの話し合い(遺産分割協議)をおこないます。遺産分割協議により、特定の相続人が過払い金を取り戻す権利を引き継ぐことも可能です。なお、故人が遺言を残している場合や、法律で定められた持分どおりに相続する場合には、遺産分割協議は不要です。遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成します。

相続人が過払い金請求をする場合に必要なもの

亡くなった方の相続人が過払い金請求をする場合には、下記のような書類が必要になります。

・戸籍謄本等

故人の戸籍謄本のほか、相続人が誰かがわかる戸籍謄本等が必要になります。

・遺産分割協議書

法定相続分(法律に定められた割合)で相続する場合以外は、遺産分割協議書が必要です。遺産分割協議書には、相続人全員の印鑑証明書も添付します。

・相続放棄申述受理証明書

相続人の中に相続放棄をしている人がいれば、その旨の家庭裁判所の証明書(相続放棄申述受理証明書)が必要です。

・遺言書

故人が遺産の分け方等を指定する遺言を残していれば、法律の規定よりも遺言の内容が優先します。この場合には、手続きの際にも遺言書が必要になります。

なお、故人の過払い金請求手続きのためには、上記以外にも必要な書類が出てくる場合があります。ケースバイケースになりますので、専門家にご相談ください。

相続人が過払い金請求する際の注意点

亡くなった家族の過払い金請求では、以下のような点に特に注意しておく必要があります。

(1) 故人の借金に過払い金が生じている場合、原則的には各相続人は自分が相続した持分についてだけ過払い金を取り戻す権利を持つことになります。しかし、相続人の間での遺産分割協議により、特定の相続人のみが過払い金を取り戻す権利を引き継ぐこともできます。

(2) 相続人が故人の過払い金請求をした場合には、相続財産の処分行為となってしまい、相続について承認したものとみなされてしまいます。たとえ相続開始から3ヶ月を経過していなくても、過払い金請求をした後は相続放棄ができなくなってしまいます。

(3) 故人が借金をすべて払い終わる前に亡くなっている場合には、過払い金が出ている取引以外に、他の金融機関などで借金の残高がないかどうかもよく確認しておく必要があります。遺産分割協議で過払い金を特定の相続人が相続することが決まった後に他の借金の存在が明らかになった場合、他の相続人は借金だけを引き継いでしまう可能性もあります。

(4) 故人の過払い金を請求する相手の業者が、自分も取引している貸金業者である場合には、注意が必要です。貸金業者側は、故人の過払い金と相続人自身の借金との差し引きによる解決を要求してくることがありますので、相続した過払い金の返還請求であることを明示しておかなければなりません。

以上のように、相続問題がからむ過払い金請求では、数々の問題が生じることが予想されます。相続にはタイムリミットのある手続きもありますので、亡くなった方の過払い金請求については、できるだけ早めに専門家に相談したほうが安心です。

家族が作った借金の過払い金請求の相談は司法書士

過払い金請求は基本的に借金の契約者しかできません。本人に過払い金請求する意思があれば委任状さえつくれば代理で手続きすることができます。

故人の借金を過払い金請求する場合は、相続問題が絡んできます。司法書士であれば、相続に関する知識を持っていますし過払い金請求に関するノウハウも持ち合わせています。自分で手続きをすすめるには複雑な内容となりますので一度、司法書士に相談することをおすすめします。

弁護士法人きわみ事務所では過払い金請求について着手金無料で対応しています。取り戻せる過払い金がない場合には費用は発生しませんので、お気軽にご相談ください。まずは無料相談にてお気軽にお問い合わせください。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加