個人再生・民事再生のメリット・デメリット

債務整理の中に個人再生・民事再生と呼ばれるものがあります。債務者の事業や個人の経済生活を再生させるための手続きです。民事再生の中で、個人だけを対象にした手続きが個人再生と呼ばれています。個人再生は自己破産と任意整理の良い所を取った手続きと言っても良いでしょう。

個人再生は借金に対する返済の負担を減らして、どうすれば返済が出来るのかについての支援をおこないます。自己破産とは違い借金を帳消しにはできませんが、個人再生をおこなえば一定額の返済を三年間、分割して支払えば良いだけなのでかなり負担は軽くなります。一定額だけですので残ったお金は支払わなくても済みます。

返済額についてですが、大幅に減額する事ができるのが大きなメリットと言えるでしょう。同じように任意整理も減らす事は出来ますが、この場合は利息の支払いが無くなるだけです。そのために元金が減る訳ではありません。

自己破産の場合ですと、自分の家を持っているならばそれを処分しなければならなくなります。しかし個人再生を行えば、マイホームを処分しなくても済むのが大きなメリットと言えるでしょう。さらに自己破産をすれば資格が停止になったり、一定期間就けない仕事が生まれます。いわゆる士業と呼ばれる物ですが、個人再生でしたら手続きをしても資格が停止される事はありません。そしてどうして借金をしたのかについても、全く関係無いです。原因が問われない所もメリットと言えるでしょう。さらに過払い金請求も出来ます。

しかしデメリットも忘れてはなりません。手続きがとても難しいので専門家に依頼するのが無難でしょう。さらに依頼する金額も高いことが多いです。さらに三年間で債務を無くなさなければなりません。そのために継続出来る、安定した仕事に就業しなければならないです。家はともかくローンがあるならばその物を手放す事になります。ブラックリストに入る事にもなるでしょう。

民事再生・個人再生のメリット

メリット1.借金の額が大幅に減額されます!

借金のうち、一定額のみを返済するだけで借金全額を返済したことになるため、返済の負担が大幅に軽減されます(任意整理の場合は利息がカットされるだけで元金は減額されません)。

メリット2.マイホームを手放す必要がありません!

自己破産の場合と違い、マイホームを手放すことなく手続きをすることができます。

メリット3.資格停止などの制限がありません!

いわゆるサムライ業などの人が手続きした場合、自己破産とは違って手続き後も資格を活用して収入を得ることができます。

メリット4.借金の原因は問われません!

自己破産と違い、借金の原因がギャンブルや遊興費であっても手続きが可能です。

民事再生・個人再生のデメリット

デメリット1.専門家への支払い報酬がかかります

手続きが複雑なため専門家に依頼することが必要です。また依頼料も比較的高額になります。

デメリット2.経済基盤が必要です

債務を3年間で分割返済するため、継続・安定した収入が必要です。派遣社員・パート・アルバイトでも手続きすることは可能ですが、ある程度の経済基盤が必要になります。

デメリット3.手放さなければならないものがあります

住宅ローン以外のローン(ex自動車ローン)がある場合には、その物を手放さなければなりません。

デメリット4.ブラックリストに載る可能性があります

ブラックリスト(事故情報)に載るため、手続き後一定の期間(5~7年程度)は新規の借入れができなくなります。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加