特定調停のメリット・デメリット

特定調停は債務整理の1つです。簡易裁判所で調停員を間にして、債権者と話し合いを持って借金の返済方法を考える手続きとなります。

借金の返済では利息が大きな問題点となるでしょう。法外な利息の場合ですと、利息だけ支払う事になっているケースもあります。特定調停を行えば、利息を借りた当初までさかのぼり、利息制限法で決められた利息を使って残った債務がどれぐらいあるのかを計算して出して、確定を行うのです。そして裁判所に申し立てます。ただこの特定調停で決められた債務については、原則として三年以内には完済しなければなりません。任意整理と同じなのですが、裁判所に申し立てをするという部分では大きく違っていると言えるでしょう。

他の債務整理とは違って特定調停は手続きとしてはそこまで難しいものではありません。自分でも手続きはできます。さらに裁判所を間に挟んだ形での手続きですし、債権者と話し合いをする時には調停委員も付いてくれるのです。その場合、債権者に圧倒されて相手のペースで全て居物事が進むという事はありません。さらに費用に関しても安価で行う事ができます。そこはメリットと言えるでしょう。ただし調停委員も裁判所も別に、債務者の味方という訳では無いのは忘れてはならないでしょう。それに自分で出来るとは言っても、交渉自体は簡単なものではありません。専門的な知識が必要となります。自分でも出来るけれど難しいものとして過払い金請求等も同じです。個人での請求もできますが簡単なものでは無いので、基本的に専門家へ任せた方が無難と言えます。

特定調停の他のメリットとして、借金の額を大幅に減額する事が出来たり、業者からの厳しい取り立てを止める事が出来るでしょう。さらに特定の業者に対して行う事も可能です。ただしデメリットとしては過払い金を取り戻せず別途、過払い請求を行う必要があります。さらに話し合いに業者が応じなければ不成立に終わるだけとなるでしょう。

特定調停のメリット

メリット1.借金の額が大幅に減額されます!

違法な利息を法律に定める利息(15%~20%)に引き直して、債務額を減額することができます。

メリット2.金融業者からの取り立てがストップします!

手続き開始後は各金融業者からの取り立てが即時ストップ!金融業者から本人へ直接連絡することは禁止される為、手続き中は返済のことを考えなくて済みます。

メリット3.相手の金融業者を選んで手続きできます!

特定調停をする金融業者を自由に選択することができます。

例えば

  • 住宅ローンや自動車ローンを除いて手続きをする。
  • 保証人がついている債権者を除いて手続きをする。

といった手続きも可能です。

メリット4.給料を差押えられる心配がありません!

給料の差押え等(強制執行)を調停が終了するまでの間、止めることができます。手続きが終了するまでの間、生活を脅かされることがなくなります。

特定調停のデメリット

デメリット1.不成立になることがあります

話し合いが原則のため、金融業者が話し合いに応じない場合には特定調停が不調(不成立)に終わることがあります。

デメリット2.手間が掛かります

裁判所へ何度か足を運ぶ必要があります(債権者数が5~6社ぐらいであれば3~4回が目安です)。

デメリット3.過払い金は取り戻せません

過払い金がある場合でも、特定調停では取り戻すことができません(別途、任意整理や過払い金請求の訴訟手続きをする必要があります)。

デメリット4.ブラックリストに載ります

ブラックリスト(事故情報)に載るため、手続き後一定の期間(5~7年程度)は新規の借入れができなくなります。

  • 弁護士法人きわみ事務所 代表弁護士
  • 増山晋哉

大学卒業後、大阪市内の法律事務所で経験を積み、独立開業。

きわみ事務所では全国から月3,500件以上の過払い・借金問題に関する相談をいただいております。過払い金請求に強い弁護士が累計7億円以上の過払い金返還実績を上げていますので、少しでもお困りのことがあれば無料相談をご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加